is702

2008/11/12公開

  540% = 感染にHTTP通信を利用する「Webからの脅威」を引き起こすウイルスの数
540% ウイルスの感染経路が変わってきています。感染にHTTP通信を利用する「Webからの脅威」を引き起こすウイルスの数は、2005年1月に比べ540%増になっているとのこと。この数年で激増です!
「Webからの脅威」は、Webの機能をさまざまな形で悪用するため、どのような被害が起こるかわからないのが怖いところ。
感染のきっかけも、メールについているURLをクリックした、ウイルスが仕込まれているサイトを見た、などさまざまです。
「メールの添付ファイルに気をつける」などの心がけレベルの対策では「Webからの脅威」を防ぐことはできません。通常のウイルス対策に加え、迷惑メール対策、URLフィルタリングなど、二重、三重の対策を心がけましょう。
気になる数字をクリック!
49.8% 5.5% 11%
53.7% 21.2% 84.8%
22億通 3倍 32.9%
2万件 540% 10種類
1割 39ドル+α