is702
ひろしとアカリのセキュリティ事情

SNSでは節度を持った投稿や発言を

2018/11/29

SNSでの投稿前に確認すべきこと

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSでは、不用意な投稿や発言によるトラブルが後を絶ちません。友人や他人に注目してもらうことを意識するあまり、SNS上で行き過ぎた内容や他者の人権を侵害するような投稿をしたり、撮影に夢中になりすぎて周囲に迷惑をかけるなど、自身で気が付かずにトラブルを招いてしまう場合もあります。もし、社会人が私用のSNSで不用意な発言をし、勤務先や関係者に損害を与えれば、懲戒の対象になるだけでなく、場合によっては損害賠償を請求される可能性もあります。さらに、ネット上でのやり取りや投稿を、悪意を持った第三者にコピー、拡散される可能性もあります。ネットに一度投稿した情報は、完全には削除できないと心に留めておきましょう。SNSのコミュニケーションを安全、安心に楽しむために3つのポイントを確認しておきましょう。

1.SNSで発言する前に内容を見直す

SNSなどのネット上で発言する際は一度立ち止まり、誤った写真を選択していないか、個人を特定できる情報や機密情報などが写りこんでいないか、話題にされた相手や読んだ人が不快感を覚えたりする内容を含んでいないかを確認してください。自分以外が写っている写真をSNSに投稿する場合は、事前に全員の了承を得るか、画像を加工して隠すなどの配慮を心がけましょう。

2.SNSの設定を定期的に確認する

SNSに公開した情報は、だれが、どのような目的で閲覧しているかわかりません。各SNSの用途に応じた適切な設定を行い、プロフィールや投稿の公開範囲を制限しましょう。さらに、SNSの設定や機能は頻繁に更新されることが多いため、定期的に見直すように心がけましょう。

3.利用しなくなったサービスは解約する

利用しなくなったサービスやアカウントは解約しましょう。使わなくなったサービスのアカウントを乗っ取られたり、情報を悪用される危険性があります。登録したアカウントは放置せずに、定期的に確認をしましょう。

ひろしとアカリのセキュリティ事情 ひろしとアカリの日常をもっと見る
ひろしとアカリのセキュリティ事情 ひろしとアカリの日常をもっと見る
こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

お子さんのSNSトラブルを防ごう

LINEを安全利用するための設定7選