is702

FBI、史上最大規模のサイバー犯罪を摘発。米トレンドマイクロなどが捜査協力。

2011/11/10

11月9日、FBI米連邦捜査局は、世界100か国で400万台を超えるコンピュータを不正プログラムに感染させ、不正なネット広告などで1400万ドル(約11億円)を違法に得ていたとして、エストニア国籍の6人を逮捕したことを発表しました。

不正プログラムに感染したコンピュータ400万台のうち、うち50万台はアメリカのもので、企業や個人のほか政府機関などのコンピュータも含まれていたことを明らかにしています。犯罪に使われていたのはネット検索の乗っ取りや偽広告へ誘導する不正プログラムで、捜査はトレンドマイクロなどの協力により進められたということです。

米トレンドマイクロでも、同日、本件に関するブログを公開しています。逮捕されたサイバー犯罪グループは、「Rove Digital」という名前で知られている会社で、エストニアを本拠地としてIT企業を装い、毎年、世界規模で感染したコンピュータをコントロールし、それら膨大な数のボットから金銭目的の不正活動を働いていたとしています。
また、このボットネットに関与していると思われるグループの情報については、2006年から把握していましたが、捜査当局以外への公表は控えていたとのことです。今回主犯グループが逮捕され、問題のボットネットが閉鎖されたのを受け公表することにしたとのことです。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ