is702

携帯サイトで新曲を違法配信、JASRACが運営者を告訴

2011/11/22

一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月21日、同協会が管理する著作物の音楽ファイルについて、携帯電話向けサイトで違法配信していた男性を告訴したと発表しました。

発表によると、男性は2004年11月ごろから発売前のCDの音楽ファイルを携帯電話向けサイトに違法アップロードし、メールマガジンで約7万人の利用者に告知してダウンロードさせていたということです。JASRACは、この男性について著作権侵害(公衆送信権)の疑いで埼玉県所沢警察署に告訴状を提出したということです。

また、今回の発表では、男性がこれまでに約3,000曲のファイルをアップロードし、約5,500万円の広告収入を得ていたことなどが、埼玉県警察本部サイバー対策課と所沢警察署により明らかになったことを伝えています。

JASRACは広告収入を目的に違法な音楽配信サイトを開設するケースが後を絶たないとし、今後も注意・警告を行うとしています。また著作権を侵害した配信だと知りながら権利者に無断で音楽をダウンロードすることは、個人的に楽しむ目的であっても違法とされているとして注意を促しています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ