is702

オンラインゲーム「真・女神転生IMAGINE」のフィッシングに注意喚起――フィッシング対策協議会

2012/4/4

フィッシング対策協議会は4月2日、オンラインゲーム「真.女神転生IMAGINE 」をかたるフィッシングサイトを確認したとして、注意を喚起しました。

同協議会が確認したのは、「真.女神転生IMAGINE 流失したとの情報を確認いたしました」の件名を用いるフィッシングメールで、そのメールからフィッシングサイトに誘導するというもの。メール本文で、他社のオンラインサービスおいて会員情報が流出したことから本人確認のためとし、公式サイトに似せた虚偽のログイン認証画面に会員を誘導し、IDとパスワードを盗む手口ということです。

同協議会では、2012年4月2日18:30時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CC にサイト閉鎖のための調査を依頼中であるとしています。このようなメールを受け取った場合、記載されたURLをクリックしないよう注意を呼び掛けています。

真・女神転生IMAGINE運営事務局では、ゲーム内で規約違反や課金の問題があるといった内容のメールを送信し、メール内に記載されたURLにログイン誘導を行うケースも確認されているとし、利用者にサイトURLの確認やこまめなパスワード変更、IP認証システムの「セーフガード機能」の利用を推奨しています。