is702

3か月で約5,000種のAndroid向け不正アプリを確認――トレンドマイクロ

2012/4/18

トレンドマイクロは4月18日、2012年第1四半期の「セキュリティラウンドアップ」を公開しました。これは、全世界で組織されたトレンドラボをはじめとする同社の調査・研究チームがグローバルのセキュリティ動向や傾向を分析した報告書です。

同レポートは、モバイル、持続的標的型攻撃、ソーシャルメディア、脆弱性、サイバー犯罪の5つのセキュリティ分野について言及しています。

モバイルでは、Android OSをターゲットとした約5,000種の新しい不正アプリを発見。実在するゲームアプリなどを騙って不正アプリが配布されたり、特定の不正アプリの亜種が多数のアプリに組み込まれて配布されたりする例が確認されたということです。

持続的標的型攻撃では、インドや日本の企業・組織を狙った「Luckycat」と呼ばれる攻撃の実態を把握。2011年6月以降に実行された90以上の攻撃が「Luckycat」の一連の作戦のもとで行われたことを明らかにし、国境のない持続的標的型攻撃に注意を呼び掛けています。

ソーシャルメディアでは、iPad3の無料プレゼントを謳ってユーザの関心を惹き、不正なWebサイトへ誘導しようとするメッセージがFacebook上に拡散。Twitterや、写真・動画を共有できるSNSのPinterestでもギフトカードのプレゼントを装った詐欺が確認されたということです。

脆弱性では、マイクロソフトが3月13日に深刻度を「緊急」として更新プログラムを公開したMS12-020について、リモートでコードが実行される可能性があることから、早急に脆弱性を解消するよう注意喚起しました。

サイバー犯罪では、パソコン内のデータを勝手に暗号化し、復元の対価として金銭を要求するランサムウェアの被害が米国だけでなく、ロシアやヨーロッパ諸国にも拡大していることを明らかにしました。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ