is702

BYOD禁止の企業で5割以上が私物端末を業務利用

2012/6/29

トレンドマイクロは6月29日、スマートフォンやタブレット端末のBYOD(Bring Your Own Device:個人所有端末の業務利用)に関するWebアンケート調査の結果を公開しました。2012年6月21日から6月22日にわたって実施した同調査では、意思決定者510人、および端末を利用する一般社員1,038人の計1,548人から回答を得ています。

同調査により、 BYODに関して、「ポリシーやルールのもとで許可している」が12.6%、「ポリシーやルールがない」が31.2%、「禁止している」が28.5%、「わからない」が27.7%と、企業においてBYODに関するポリシーやルールの整備が不十分である状況がうかがえる結果になりました。

一方、回答者の53.1%は個人所有の端末を業務に利用した経験があることも分かりました。「許可している」企業では72.7%、「ポリシーやルールがない」企業では62.7%、「禁止している」企業では54.8%が利用経験者となり、「禁止している」企業でも5割以上がポリシーやルールに反して個人所有の端末を業務に利用していることが明らかになりました。

さらに、BYODに関するポリシーやルールを制定している企業であっても、「ポリシーやルールは強制力、抑止力が十分ある」と回答したのは23.8%にとどまっていることから、同社では、企業にはポリシーやルールを整備した上で、それらを従業員に強制するツールが求められると指摘しています。

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事
最新版 スマートフォンのセキュリティ対策

最新版 スマートフォンのセキュリティ対策

関連情報(外部サイトへリンク)
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ