is702

過去の不正プログラムがFacebookをきっかけに再流行 ― トレンドマイクロ

2013/1/10

トレンドマイクロは1月10日、2012年12月度における「インターネット脅威マンスリーレポート」を公開しました。

それによると、2011年に流行した、USBメモリ等で自己拡散する「WORM_VOBFUS(ボブフス)」が、2012年11月下旬から改めて欧米を中心に流行しているとのことです。手法としては、Facebook上でアダルトコンテンツに見せかけることをきっかけに、亜種を広める例が確認されています。「WORM_VOBFUS」の亜種には、Facebookにメッセージを書き込む機能はないため、攻撃者がFacebook上でメッセージの投稿を行っていると推測されており、リムーバブルメディアなどの感染と組み合わさることで「WORM_VOBFUS」が再度流行したと考えられます。トレンドマイクロでは、国内でも感染が懸念されるとして、検索サイトの検索結果やメールだけでなく、SNS上でも不審なURLやファイルのリンクを安易にクリックしないよう、警戒を呼びかけています。

12月度に検出された不正プログラムのランキングについても報告されています。

日本で検出された不正プログラムのランキングは、先月からトップ3がすべて入れ替わり、1位がワーム「WORM_DOWNAD.AD(ダウンアド)」、2位がバックドア「BKDR_SIREFEF.CA(サーエフエフ)」、3位が「ADW_GAMEPLAYLABS(ゲームプレイラボス)」となっています。

全世界で検出された不正プログラムのランキングは、1位、2位は変わりませんでしたが、「Mal_Siref64(サーエフ)」が9位から3位にランクインしました。

日本国内の感染被害報告数ランキングは、大きく入れ替わり、「WORM_DOWNAD.AD」が1位になるとともに、ジョークソフト「JOKE_OKNU(オクヌ)」が新登場で2位、トロイの木馬「TROJ_FAKEAV(フェイクエーブイ)」が圏外から3位となりました。

●不正プログラム検出数ランキング(日本国内) 2012年12月度
1位:WORM_DOWNAD.AD(ダウンアド) 先月2位
2位:BKDR_SIREFEF.CA(サーエフエフ) 先月4位
3位:ADW_GAMEPLAYLABS(ゲームプレイラボス) 先月1位

●不正プログラム検出数ランキング(全世界) 2012年12月度
1位:WORM_DOWNAD.AD(ダウンアド) 先月1位
2位:CRCK_KEYGEN(キーゲン) 先月2位
3位:Mal_Siref64(サーエフ) 先月9位

●不正プログラム感染被害報告数ランキング(日本国内) 2012年12月度
1位:WORM_DOWNAD.AD(ダウンアド) 先月3位
2位:JOKE_OKNU(オクヌ) 新登場
3位:TROJ_FAKEAV(フェイクエーブイ) 先月圏外

  • ホスティングサービス(レンタルサーバー) OH!いいな
  • ファイル送信・受信・転送サービス センドファイル
  • 電話番号表示システム アイポップ
ホスティングサービス(レンタルサーバー) OH!いいな
ファイル送信・受信・転送サービス センドファイル
電話番号表示システム アイポップ