is702

脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」、累計登録件数が39,000件を突破-IPA

2013/4/19

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターは4月18日、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」(ジェイブイエヌ アイ・ペディア)の2013年第1四半期(1月~3月)の登録状況をまとめた「脆弱性対策情報データベースJVN iPediaに関する活動報告レポート」を公開しました。

それによると、2013年第1四半期に、「JVN iPedia」日本語版に登録された脆弱性対策情報は1,237件。2007年4月25日の公開開始から登録件数累計では39,336件となり、4万件間近となっています。

登録情報の内訳は、国内製品開発者から収集したものが3件(累計142件)、脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN」から収集したものが85件(累計2,497件)、米国国立標準技術研究所NISTの脆弱性データベース「NVD」から、収集・翻訳したものが1,149件(累計36,697件)となっています。

IPAでは、PCで広く利用されているソフトウェア、特に「JRE/JDK」と「Adobe Flash Player」について、危険性の高い脆弱性が多いことから、利用が不要な場合にはアンインストールを含めたセキュリティ対策の実施が必要としています。また他のソフトウェアも含め、情報を日々収集し、バージョンアップなどを速やかに行うことを求めています。

  • キビ丸テレビ
  • ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
  • キビネットウイルスバスター
キビ丸テレビ
ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
キビネットウイルスバスター