is702

具体事例、攻撃手口や対策を解説した「情報セキュリティ白書2013」発行 ― IPA

2013/9/2

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月2日、国内外の注目すべき情報セキュリティインシデントや、インターネットにつながる機器の利用拡大による新たな脅威など、広く情報セキュリティに関する出来事や状況をまとめた「情報セキュリティ白書2013」の販売を開始しました。

「情報セキュリティ白書」は、IPAが毎年発行する情報セキュリティに関する報告書です。2012年度は、サイバー空間でのデモ活動を目的としたDDoS攻撃(分散型サービス妨害攻撃)、スマートフォン等を標的とする不正アプリの急増、ウイルスを用いた新たな手口によるインターネットバンキングでの不正送金被害の拡大など、さまざまな脅威が発生しました。これらの状況を考慮し「情報セキュリティ白書2013」では、情報セキュリティインシデントの具体的な事例や攻撃の手口、対策について解説しています。また、国内外で進められている情報セキュリティ政策や法整備の状況等、情報セキュリティに関する広範なテーマを取り上げています。

序章では、2012年度の情報セキュリティ分野における注目すべき10項目の出来事を概説。次に、国内外における情報セキュリティインシデントの状況、具体的な事例と攻撃の手口、脆弱性の動向や企業・政府等における情報セキュリティ対策の状況を述べています。そのほか、国内外における情報セキュリティ政策や関連法の整備状況、情報セキュリティ人材の現状、国際標準化の動向、情報セキュリティの普及活動について解説しています。3月12日に公開された「2013年版10大脅威 身近に忍び寄る脅威」も収録されています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ