is702

2013年「三大脅威」と2014年の予測-トレンドマイクロ

2013/12/12

トレンドマイクロは12月12日、2013年に国内で猛威をふるったサイバー攻撃・サイバー犯罪から選定した、「三大脅威」を発表しました。

三大脅威として選定されたのは、オンライン詐欺をはじめとした不正プログラムへの感染を目的とした「止まらないWeb改ざん」、金銭目的で行われる「『新しいオンライン詐欺』の到来」、ID・パスワードの使い回しやパスワード管理不備を狙った「『アカウントリスト攻撃』の台頭」の3つでした。

さらにトレンドマイクロでは、この結果を受け、2014年以降についても動向を予測。ネットバンク利用者への攻撃がモバイルに対して行われるなど、サイバー犯罪、標的型サイバー攻撃の手口が多様化するとしています。また、サポート切れのOSやソフトウェアへの攻撃が激化することも予測されています。とくに来年4月にサポートが終了するWindows XP、2013年初旬にサポートが終了したJava 6などが具体的にあげられています。

トレンドマイクロでは、これらの情報を取りまとめたレポートを公開中です。