is702

2013年の国内外セキュリティ脅威動向レポートを公開

2014/02/17

トレンドマイクロは2月17日、日本国内および海外でのセキュリティ動向を分析した報告書「2013年間セキュリティラウンドアップ」を公開しました。2013年の脅威動向として、「金銭を狙う攻撃が世界的に拡大」したことが挙げられています。

世界規模では、銀行のログインID・パスワードを窃取する「オンライン銀行詐欺ツール」、PC画面をロックして操作不能にした上で金銭を要求する身代金要求型ウイルス「ランサムウェア」などを使ったサイバー犯罪が横行し、日本国内にも本格流入しました。

とくに、オンライン銀行詐欺ツールの検出台数は、世界全体で前年比約2倍の99万8千台、日本の検出台数は前年比3倍以上の25,175台となっています。日本の検出割合をみると、第1四半期(1~3月)に3%だったのに対し、第4四半期(10~12月)には19%と急増しており、日本を標的にした攻撃の増加が顕著となっています。「CryptLocker」など、ランサムウェアの検出台数も、前年比約10倍の16,361台と日本は大きく増加しています。

また、1年を通して脆弱性を利用した攻撃が、国内外を問わず多数見られました。サイト改ざんも猛威をふるいましたが、これらはサーバ側、特に管理用ミドルウェアの脆弱性を狙ったものでした。

その他、日本国内では、ID・パスワードの使い回しやパスワード管理不備を狙った「アカウントリスト攻撃」が台頭。多数の不正アクセス・不正ログイン事例が発生しました。

「2013年間セキュリティラウンドアップ」は64ページのPDFファイルとして公開されており、トレンドマイクロのサイトから自由にダウンロード・閲覧が可能です。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ