is702

モバイル向け不正サイトが2年間で14倍に

2014/03/14

トレンドマイクロは3月13日、同社ブログで、「モバイル向け不正サイトが2年間で14倍に急増、73,000件に」と題する記事を公開しました。

今回、トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」において、不正サイトのURLに「.mobi」「/mobile/」「/sp/」「sp.」「m.」が含まれるサイトを抽出し、「モバイル向け不正サイト」として集計したところ、2014年1月時点で、73,000件の存在が確認されました。

これは2012年1月の5,300件、2013年1月の20,000件と比べ、2年間で約14倍、1年間で3.65倍の増加となっています。パソコン向けを含めた不正サイト全体では、過去2年間で約4倍の増加に留まっており、不正サイト全体と比較して、モバイル向け不正サイトは急増していると言えます。

具体的なモバイル向け不正サイトの内容としては、「フィッシング詐欺」「ワンクリック詐欺(架空請求)」「出会い系詐欺(サクラサイトなど)」「偽サイト(偽ブランド販売、ショッピング詐欺)」「スケアウェア詐欺(脅迫、偽セキュリティ)」「金銭、儲け話関連(ギャンブル、未公開株、ドロップシッピング、キャッシング)」が確認されました。具体例としては、FacebookやTwitterなどを偽るフィッシング詐欺サイト、ワンクリック詐欺サイトやサクラサイトなどの悪質な出会い系サイト、Google Playを偽る不正アプリ配布サイトなども確認されています。

また、SPNでは、トレンドマイクロのモバイル向けセキュリティソフト利用ユーザが、不正サイトへアクセスしようとした際にアクセスを防止した回数も収集。特に日本国内のユーザについて分析したところ、2013年12月~2014年2月の3か月間で、およそ2,500万回のアクセス防止が確認されたとのことです。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ