is702

闇市場で偽の「POS端末」販売を確認

2014/03/26

トレンドマイクロは3月25日、同社ブログで、「アンダーグラウンドで販売されている「ATMスキマー」や「偽POS端末」、3D印刷技術で大量生産」と題する記事を公開しました。

記事によると、「gripper」と名乗るサイバー犯罪者がカード情報などを読み取る機能を備えた「ATMスキマー」や、偽の POS端末を複数のインターネット上の闇市場(アンダーグラウンドフォーラム)で販売しているのを確認したとのことです。

掲載されている広告の一つでは、米国「VeriFone」社の POS端末「VerixV」を量産できると主張していました。これらの偽 POS端末は、不正に店舗に設置され、顧客のクレジットカード情報を収集するために利用されます。そして収集した情報は、闇市場で悪用されたり販売されたりします。

また、このサイバー犯罪者はこれらの偽製品を全世界に発送し、24時間 365日のサポートも提供すると同時に、ATM や POS端末に関するものであれば、「3D印刷」を利用してほとんど何でも量産できると主張しています。

トレンドマイクロでは、ATMスキマーや POS端末の部品製造は目新しいものではないが、今回の広告ではこうした製品を量産できると犯罪者が主張している点を懸念しています。また、今回確認された犯罪者たちは、ATMスキマーや POS端末の開発に関する知識にかなり精通しているように思えるとのことです。購入希望者への商品の提供にも積極的で、何人かの顧客はすでに販売者を評価し、購入した製品に高い評価を与えていることもサイト上で確認されています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ