is702

スマホのワンクリック詐欺が増加、冷静な対処を

2014/06/03

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は6月3日、2014年6月の呼びかけ「登録完了画面が現れても、あわてないで!~ スマートフォンでのワンクリック請求に注意! ~」を発表しました。サイトに登録して契約が成立したと思わせ、利用者をあわてさせてサイト使用料の名目でお金を支払わせる「ワンクリック請求」に注意を呼びかけています。

IPAによると、2014年4月と5月にかけて寄せられた、ワンクリック請求の相談件数は合計593件で、そのうちスマートフォンでのワンクリック請求に関する相談件数は162件。全体の約3割を占め、増加傾向にあるとのことです。

スマートフォンとパソコンとでは、ワンクリック請求の手口や被害が異なっており、その詳細も解説されています。アプリなどが常駐する「パソコンでのワンクリック請求」では、デスクトップ上にワンクリック請求の登録画面が繰り返し表示されるようになります。一方で、「スマートフォンでのワンクリック請求」では、“登録完了”と記載されたウェブページがブラウザ上で表示されているだけで、画面表示を消す作業を行えば、次から表示されることはないとしています。

しかし、動揺した相談者が、あわててワンクリック請求業者に電話やメールで連絡した結果、電話番号やメールアドレスなどの情報が相手業者に知られたことを不安に思う相談が多いと、IPAでは指摘しています。

なお、ほとんどの相談者がニュースサイトやインターネット検索サイト内にある“急上昇”などという最新の注目記事を集めたページに、興味をそそられるタイトルがあり、そのリンク先をタップしたところ、動画閲覧の再生ボタンがあり、タップしたことが確認されたとしています。

IPAでは、iPhoneおよびAndroidでの解決策を紹介するとともに、ワンクリック請求画面が表示されてもあわてないこと、自ら業者に連絡したりしないこと、最寄りの消費生活センターへ相談することを呼びかけています。

  • FCTV
  • mitene
FCTV
mitene