is702

2014年第2四半期のセキュリティ動向

2014/08/20

トレンドマイクロは8月19日、2014年第2四半期(4~6月期)における日本国内および海外のセキュリティ動向を分析した報告書「2014年第2四半期セキュリティラウンドアップ:狙われるインターネットの根幹、問われる企業の信頼」を公開しました。

「セキュリティラウンドアップ」は、トレンドラボをはじめとするトレンドマイクロの調査・研究チームが、世界規模でのセキュリティ動向・傾向を四半期ごとに分析した報告書です。

2014年第2四半期には、ログインアカウントを不正に乗っ取る行為、企業Webサイトの改ざんなど、正規サービスの提供元を狙う攻撃が数多く確認されました。同四半期では、計60万件以上のWebサービス用ログインアカウントが不正に侵害されたことが公表されています。これは、前四半期(2014年1月~3月)と比較すると約10倍になっています。

また、2014年5月には、Webアクセスの負荷分散や冗長性を担保するCDNのサーバを改ざんし、不正プログラムに感染させる事例が国内で初めて報告されました。この事例では、5月16日~31日の期間に、国内の9万8千件以上のIPアドレスから不正サイトへの誘導がありました。

さらに同四半期において、「オンライン銀行詐欺ツール」の日本国内での検出数が、トレンドマイクロの観測史上初めて、全世界で1位となったことも指摘されています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ