is702

パスワードの使いまわしに注意喚起

2014/09/17

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターは9月17日、インターネットサービス利用者に向けて「STOP!! パスワード使い回し!!」を発表しました。

複数のインターネットサービスで同じパスワードを使い回していることが原因で生じてしまう不正なログイン、いわゆる「パスワードリスト攻撃」が継続発生していることから、広く注意を呼びかける内容となっています。IPAが2014年8月に発表した調査結果によると、金銭に関連したサービスサイト(インターネットバンキングやネットショッピングなど)と同一のパスワードを、複数サイトで使い回している人の割合が、約4分の1(25.4%)となっています。理由としてもっとも多いのは「(パスワードを同一にしないと)パスワードを忘れてしまうから」で、64.1%を占めていました。

このことから“複数のパスワードを忘れずに管理できる方法”が、パスワードを使い回さずにインターネットサービスを利用する有効な手段と考えられ、IPAではさまざまな対策を提示しています。具体的には、「紙とメモ(第三者が見てもわからないように記載する)」「電子ファイル(パスワード付き)」「パスワード管理ツール」などです。

  • FCTV
  • mitene
FCTV
mitene