is702
ニュース

Apple Watch OS更新で脆弱性を複数修正

2015/05/21

アップルの腕時計型ウェアラブル端末「Apple Watch」が、4月24日に発売されましたが、搭載OSである「Watch OS」に複数の脆弱性が見つかりました。アップルはWatch OSのアップデートを5月19日より公開、これを適用することで脆弱性は解消されます。

「Apple Watch」は、iPhone/iPadと連携し、メッセージやメール、カレンダー、天気、地図といった情報を表示可能なウェアラブル端末です。

今回、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERTコーディネーションセンターがJVN(Japan Vulnerability Notes)において公表した情報によると、「Watch OS」の1.0.1より前のバージョンには、任意のコード実行、情報漏えい、サービス運用妨害(DoS)、権限昇格といった影響を受ける脆弱性が存在するとのことです。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ