is702
ニュース

iPhone人気に便乗する詐欺に注意

2015/09/02

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月1日、2015年9月の呼びかけ「iPhone人気に便乗していると考えられる手口にご注意を」を発表しました。

それによると、6月以降、「ウェブサイトの閲覧中にiPhoneがもらえるというメッセージが表示された」「iPhoneがウイルスに感染したという警告が表示された」といった相談が寄せられているとのこと。いずれも偽のメッセージで、個人情報の詐取などが狙いと考えられます。基本的にはメッセージを無視して、すぐにブラウザを終了させるのが望ましいでしょう。今月の呼びかけでは、こういったiPhone人気に便乗した犯罪的な手口について、事例と対策を紹介しています。

「ウェブサイトの閲覧中にiPhoneがもらえるというメッセージが表示された」という例では、「当選したiPhone6の発送に必要」という名目で、氏名・住所・メールアドレス・クレジットカード情報などを入力させようとします。表示されるサイトにはAppleのロゴなどが使われていますが、フィッシングサイトである可能性が高く、情報が悪用される恐れがあります。万が一情報を入力してしまった場合は、クレジットカード会社に早急に連絡するべきでしょう。

「iPhoneがウイルスに感染したという警告が表示された」という例では、ウイルス駆除のためにセキュリティアプリをインストールするように誘導されます。しかしこれは、セキュリティアプリに見せかけた不正ソフトをインストールさせるのが狙いで、偽の警告と考えられます。警告の内容は鵜呑みにせず、すぐにブラウザを終了させましょう。

なお、これら以外にもApple Watchなど、他製品に便乗する手口も確認されていますので、注意してください。

  • ホスティングサービス(レンタルサーバー) OH!いいな
  • ファイル送信・受信・転送サービス センドファイル
  • 電話番号表示システム アイポップ
ホスティングサービス(レンタルサーバー) OH!いいな
ファイル送信・受信・転送サービス センドファイル
電話番号表示システム アイポップ