is702
ニュース

ワンクリック詐欺の不正画面を消すには

2015/10/02

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月1日、2015年10月の呼びかけ「ワンクリック請求の被害に備えシステム保護の設定を~Windows 10向けの復旧手順書を新たに公開~」を発表しました。

近年のワンクリック詐欺では、パソコンの画面に強制的に、アダルトサイトの登録完了や費用請求の画面(不正画面)を表示し続けるという手法が登場しており、相談が各種窓口に寄せられています。一方で7月より「Windows 10」への無償アップグレードが始まったことにともない、Windows 10利用者からの相談も増加しています。

今月のIPAの呼びかけでは、Windows10の利用者を対象に、不正プログラムを実行してしまった際の復旧方法について紹介しています。不正プログラムによってアダルトサイトの不正画面が表示された場合、復旧方法としては、「システムの復元」または「パソコンの初期化」による対応が推奨されています。

「システムの復元」を実施するには、「『システムの保護』が有効になっていること」「安定稼動していた日付で『復元ポイント』が作成されていること」が条件となります。そのため、Windows 10にアップグレードした際や同OSパソコンの新規購入時には、「システムの保護」を「有効」にし、「復元ポイント」が正常に作成されるか確認してください。「システムの保護」は、「スタートボタン」を右クリックし、「システム」を実行することで設定可能です。

  • FCTV
  • mitene
FCTV
mitene