is702
ニュース

マイクロソフト月例セキュリティ情報、12月は「緊急」6件含む全12件

2016/12/15

マイクロソフトは12月14日、計12件の新規セキュリティ情報を公開しました。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)も、これを受け注意を呼びかけています。

今回公開された全12件(MS16-144~155)のうち、もっとも深刻度が高い「緊急」レベルの情報は、6件が含まれていました。残り6件は「重要」に分類されています。

今回「緊急」レベルに分類された情報は、
「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム」(MS16-144)
「Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム」(MS16-145)
「Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム」(MS16-146)
「Microsoft Uniscribe 用のセキュリティ更新プログラム」(MS16-147)
「Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム」(MS16-148)
「Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム」(MS16-154)
の6つです。いずれも悪用された場合、攻撃者によって遠隔でPCを制御され、さまざまな被害が発生する可能性があります。

IPAでは、攻撃が行われた場合の影響が大きいため、早急なセキュリティ更新プログラムの適用が望ましいとしています。Windowsユーザは、Microsoft Update、Windows Updateなどを用いて、システムの更新を行ってください。