is702
ニュース

ブロックした相手の迷惑行為を予防、Facebookが2つの新機能を導入

2017/12/21

Facebookは米国時間12月19日、嫌がらせを予防する2つの新機能を発表しました。今後順次導入される予定です。

Facebookを使ったコミュニケーションは、便利な反面、迷惑行為や嫌がらせといった問題も呼んでいます。新機能は、そうした経験を受けた女性や組織からの要望をもとに、安全なコミュニティを作る取り組みの一環として開発されました。今回開発されたのは、「望まない接触の防止」と「メッセージの移動」という、2つの新機能です。

Facebookには特定の相手をブロックする機能が用意されていますが、不快な相手をブロックしても、新しいアカウントを作り直して(あるいはすでに持っていた別アカウントを使用して)接触してくるケースがあります。「望まない接触の防止」は、最初にブロックされたアカウントの情報をもとに、接触を防止する機能です。相手が新アカウントや別アカウントから、メッセージや友達リクエストの送信を行おうとしても、事前に察知してそれを不可能にします。なおFacebookでは、迷惑行為を行う「偽アカウント」に対する登録ブロック・削除を、数百万件単位で毎日行っているとのことです。

もう1つの「メッセージの移動」は、不快なメッセージを受け取った場合、自動的に受信箱からメッセージを取り除く機能です。送信者をブロックしてしまうと、さらなる嫌がらせを誘発してしまう場合がありますが、「メッセージの移動」は、相手に気づかれず、メッセージを無視してミュートすることが可能になります。無視されたメッセージは「メッセージリクエスト」フォルダのなかで「フィルター済みメッセージ」として保管されます。今後はグループ内でのメッセージにも対応する予定です。

Facebook上でのいじめや嫌がらせは以前から禁止されていますが、ユーザからの報告も可能です。報告内容を確認し次第、コンテンツ削除、アカウント無効化、コメント機能制限などの措置をとるとのことです。また専門家と協力して、安全に関する改善を常時進めているとのことです。




「メッセージの移動」の利用イメージ(Facebookのリリースより)<br /><br />

「メッセージの移動」の利用イメージ(Facebookのリリースより)


  • キビ丸テレビ
  • ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
  • キビネットウイルスバスター
キビ丸テレビ
ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
キビネットウイルスバスター