is702
ニュース

マイクロソフトが10月のセキュリティ更新を公開、9月分で発生した問題も修正

2018/10/10

マイクロソフトは10月10日、月例のセキュリティ更新プログラムを公開しました。深刻度「緊急」の脆弱性への対応が含まれており、JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)も、注意を呼びかけています。

対象となるソフトウェアは、「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Microsoft Windows」「Microsoft Office、Microsoft Office ServersおよびWeb Apps」「ChakraCore」「.NET Core」「SQL Server Management Studio」「Microsoft Exchange Server」です。

脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードを実行される可能性があります。一部の脆弱性については、すでに悪用が確認されていますので、各製品のユーザは、Microsoft UpdateやWindows Update等を用いて、システムの更新を至急行うのが望ましいでしょう。

なお、今回のセキュリティ更新プログラムを適用することで、9月の月例のセキュリティ更新プログラム適用後に確認されていた「仮想マシン上のNLBの問題」「PFX証明書の問題」「IKEv2を使ったVPN接続に関する問題」が解決されるとのことです。

  • 社団法人千葉県接骨師会
  • ホットニュース
  • 接骨院マップ
社団法人千葉県接骨師会
ホットニュース
接骨院マップ