is702
ニュース

簡略版性的脅迫スパムメールが拡大、被害額1,200万円超

2018/11/22

トレンドマイクロは11月21日、公式ブログで「10月も継続した『セクストーション』スパム、総被害額は1,000万円を突破か」と題する記事を公開しました。

「セクストーション」(性的脅迫)とは、「sex(性的な)」と「extortion(脅迫)」を組み合わせた造語で、「性的な行為に関わる、あなたのプライベート動画・写真を入手した。友人・知人にばらまく」と脅迫し金銭を要求する手口です。これまで確認されてきたセクストーションは出会い系サイト上などで狙われた個人を騙して脅迫する手法でしたが、「簡略版セクストーション」では、大量のメール送信によって詐欺被害を拡大させています。

「簡略版セクストーション」の手口は、日本では9月中旬に確認され、以降攻撃が続いています。9月19日〜9月30日の12日間に、少なくとも3万通の脅迫メールが国内で拡散し、250万円相当のビットコイン(3.4BTC)が“口止め料”として送信されました。さらに、10月の1か月間でも約5万2,000通が拡散、9月19日〜10月31日の累計で、1,240万円相当(17BTC)の被害が発生したと推測されています。

この脅迫メールでは受信者のメールアドレスを送信者に設定し、さらに受信者が使用していたと思われるパスワードを記載することで個人情報の流出を信じさせる手法が使われています。件名としては、「あなたのパスワードが侵害されました」という文字列の後に、受信者のメールアドレスやパスワードを加えたものが最多でした。そのほかにも、「AVアラート」「緊急対応!」「あなたの心の安らぎの問題。」「すぐにお読みください!」といった件名が見受けられました。

このような詐欺の被害を防ぐには、最新の手口を把握し、騙されないよう注意することが重要です。また、不審なメールは可能な限りフィルタリング機能で受信そのものを防ぐのも有効でしょう。



10月中に確認された脅迫メールの件名種類とその使用割合(N=51,998)

10月中に確認された脅迫メールの件名種類とその使用割合(N=51,998)