is702
ニュース

2019年は「仮想通貨の詐欺」等、新たな脅威が台頭?混迷する市場動向|JASA

2019/01/08

特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)は1月7日、「情報セキュリティ監査人が選ぶ、2019年『情報セキュリティ十大トレンド』」を発表しました。

このトレンドは、同協会より認定を受けた情報セキュリティ監査人約1,700人を対象としたアンケート調査にもとづくもので、第1位を3ポイント、第2位を2ポイント、第3位を1ポイントに換算、集計しています(有効回答数:281件)。その結果、2019年の十大トレンドには、下記の10項目が選定されました。()は前年のランクです。

1 (-) 仮想通貨の盗難、詐欺の拡大
2 (2) 巧妙化する標的型攻撃による被害の甚大化
3 (3) 家庭用IoT機器のセキュリティ不備によるプライバシー侵害の更なる拡大
4 (6) ビジネスメール詐欺被害の更なる深刻化
5 (5) 働き方改革の推進普及による新たな脅威の発生
6 (-) 時代遅れとなりつつあるパスワード認証
7 (10) GDPRを乗り越えても残る諸外国のプライバシー規制リスク
8 (1) 高度化するランサムウェアによる被害拡大
9 (-) 問われるサイバーセキュリティ経営の責任体制
10 (-) クラウドバイデフォルトの情報セキュリティ体系化

第1位には、前年の圏外から「仮想通貨の盗難、詐欺の拡大」が新たにランク入り。同協会では「我が国のみならず海外でもセキュリティ管理が問われており、仮想通貨は2019年もリスクを含んだ展開になる」と指摘しています。また監査のポイントとしては、ポリシーに従った運用、金融庁のガイドライン準拠等が示されています。

なおトレンド6位、9位、10位についても、前年の圏外からの項目となっており、セキュリティ環境の急激な変化が伺えます。特に6位の「時代遅れとなりつつあるパスワード認証」のように、従来手法そのものが見直し時期にさしかかっており、混迷する市場動向を反映したと言えるでしょう。

各トレンドの詳細な内容、監査のポイントについては、日本セキュリティ監査協会サイトよりPDFファイルとしてダウンロード、閲覧が可能です。



2019年「情報セキュリティ十大トレンド」

2019年「情報セキュリティ十大トレンド」

  • キビ丸テレビ
  • ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
  • キビネットウイルスバスター
キビ丸テレビ
ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
キビネットウイルスバスター