is702

進化する「ダウンアド」に要注意

2009/2/6

 トレンドマイクロから2009年1月度のインターネット脅威マンスリーレポートが発表されました。

 1月の不正プログラム感染被害の総報告数は4,972件で、前月より微増。不正プログラム感染被害報告数ランキングでは、「MAL_OTORUN(オートラン)」が6か月連続で1位となっています。2位には前月に引き続き「WORM_DOWNAD(ダウンアド)」が入り、報告数も前月の123件から増加しています。

 2008年末から「WORM_DOWNAD」の機能拡張が見られ、従来の脆弱性を利用してコンピュータに侵入する手法のほかに、辞書攻撃による共有ネットワーク経由やUSBメモリなどのリムーバブルメディア経由での感染手法を使用する亜種が確認されており、注意を呼び掛けています。