is702
ニュース

Amazon、出品から偽造品を排除する「Project Zero」を日本でも開始

2019/10/10

Amazonは10月9日、偽造品の撲滅を目的とする取り組み「Project Zero」を日本でも開始しました。

ネットショッピング最大手であるAmazonですが、第三者の販売者もマーケットプレイスを通じて出品を行っており、正規品・真性品ではなく偽造品が紛れて販売されているケースがあります。「Project Zero」は、自動プロテクション機能、セルフサービスの偽造品削除ツール、商品のシリアル化の3つの対策により、Amazonの出品から偽造品を排除しようというプロジェクトです。

Project Zeroは、2019年より米国および欧州(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)でスタートし、現在合計6,000超のブランドが登録されています。日本でもすでに試験運用を開始しており、パナソニック、アイリスオーヤマ、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、アイロボット、川崎重工、タカラトミー、ダダリオなどが登録済みです。

「自動プロテクション機能」は、機械学習を活用することで、1日あたり50億件超が登録される商品情報に対し自動スキャンを行い、偽造品の疑いがある商品を検知する仕組みです。「セルフサービスの偽造品削除ツール」は、ブランドオーナーが直接、偽造品の疑いがある商品をAmazonから削除できる機能です。そして「商品のシリアル化」は、ブランドオーナーが自社商品の製造および発送の過程で、固有のコード(シリアルコード)を発行することで、Amazonで販売される1つ1つの商品の真偽を精査可能にするサービスです。なお商品のシリアル化は、日本では2020年前半に提供を開始する予定との事です。

利用者はトラブルに巻き込まれないよう、信頼できるサービスと販売者を選択するようにしてください。万一偽造品が届いた場合は速やかにサービス事業者や消費者ホットラインに相談をしましょう。

  • キビ丸テレビ
  • ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
  • キビネットウイルスバスター
キビ丸テレビ
ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
キビネットウイルスバスター