is702
ニュース

悪質な詐欺メール「首里城再建寄付」に利用者がSNSで注意喚起、警戒呼びかけ側にも落とし穴?

2019/11/08

首里城での火災を悪用した詐欺メールが拡散しているとSNS上で複数の利用者から報告されています。

このメールについてはすでにブランド名を悪用されているauでも注意喚起が行われております。さらに、その不審な文面や善意を逆手に取った不謹慎な手口であることから、メール受信者本人による注意喚起も多くなっているものと考えられます。
しかし、このメールに記載されている不正なURLは、受信者のメールアドレスを誘導先の不正サイトに記載しているため、受信したメールをそのままネット上に投稿してしまうと、自身のメールアドレスを不特定多数に公開してしまう危険性があります。

今回報告されている詐欺メールは、差出人としてauサポートをかたり、利用請求額の一部を首里城再建の支援金とすると称しています。件名は「【首里城再建寄付】に関して」のあとに番号がつづくような件名が報告されています。
本文中には、URLが記載されており、クリックしてしまうと、当選詐欺や出会い系サイト、成人向け広告などに誘導されます。そして、当選詐欺のWebサイトでは、当選に信憑性を持たせるために受信者のメールアドレスが記載されています。そのため、受信したメールをそのままネット上に公開してしまうと、その不正サイトにアクセスした第三者に自身のメールアドレスを知られてしまう可能性があります。

不審なメールを受信した利用者が注意喚起を行うことは、被害者を減らす助けに繋がります。しかし不正なURLの表示方法によっては、他の利用者を不正サイトへ誘導することにもなりかねません。また、内容によっては自身の個人情報をネット上にさらしてしまう危険性も含んでいます。
直接注意喚起を行う場合は、表示されている自身のメールアドレスや名前に加え、URLもマスクすると良いでしょう。また、偽装に悪用されている企業や、関係機関に受信したメールを報告することで広く注意喚起を行うことが出来ます。
ネット利用者はこのような偽メールをメールの設定やセキュリティソフトやアプリで防ぐとともに、同様の事例が無いかネット上で探すことも対策の一つとなります。そして、このような寄付金詐欺にあわないため、支援金は公式の窓口から申し込むようにしましょう。



誘導される当選詐欺サイトに記載されたメールアドレス

誘導される当選詐欺サイトに記載されたメールアドレス

  • 富士通オープンカレッジ鹿沼校
  • 有限会社 ドゥコムアイ
富士通オープンカレッジ鹿沼校
有限会社 ドゥコムアイ