is702
is702はトレンドマイクロが提供するインターネットを
安全に楽しむためのセキュリティ情報サイトです。
is702はトレンドマイクロが提供するインターネットを安全に楽しむためのセキュリティ情報サイトです。

「is702パートナープログラム」新規お申込み受付は終了いたしました。

ニュース

「送信元情報」で本物と判断してはダメ! 不審に思ったときの対処法は?|IPA

2021/10/04

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月21日、不審なメールについて、あらためて注意を呼びかけました。

IPAの「情報セキュリティ安心相談窓口」では、一般からの相談を受け付けていますが、一方的に送り付けられる「迷惑メール(スパムメール)」、個人情報を聞き出そうとする「フィッシングメール」、性的な映像をばらまくと恐喝する「セクストーションメール」などに関する相談が、継続して寄せられています。

こうした不審なメールのなかには、表示名やメールアドレスなどの「送信元情報」を偽装し、企業や組織、金融機関の正式なメールに見せかけたものがあります。今回IPAの「安心相談窓口だより」では、こうした偽装について事例を紹介し、安易に送信元情報を信じないよう注意をうながしています。

まず前提となりますが、メールソフトに表示される「送信元情報」を見て、メールの真偽を確認することは困難です。これは、送信者側が自由に「(見かけ上の)送信元表示名」「(見かけ上の)送信元メールアドレス」を登録して送信できるためです。またスマートフォンのメールアプリだと、パソコンのメールソフトにくらべて表示項目が少ない場合もあり、送信元が本物か偽物かを見抜くのはより困難となります。

こうしたことからIPAでは、不審なメールへの対処法として、以下のポイントをあげています。

・真偽の判断は公式サイトなど確かな情報源を使って確認する。
・突然送られてきたメールの添付ファイルは開かない。
・記載のURLからウェブサイトにアクセスせず、ブックマークや検索結果からアクセスする。
・記載された電話番号に電話をしない。
・不審なメールには返信しない。


パソコンのメールソフトで表示される「送信元情報」の偽装の例(IPAの発表資料より)

パソコンのメールソフトで表示される「送信元情報」の偽装の例(IPAの発表資料より)

  • キビ丸テレビ
  • ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
  • キビネットウイルスバスター
キビ丸テレビ
ケーブルテレビの事ならキビ丸テレビ
キビネットウイルスバスター