is702
is702はトレンドマイクロが提供するインターネットを
安全に楽しむためのセキュリティ情報サイトです。
is702はトレンドマイクロが提供するインターネットを安全に楽しむためのセキュリティ情報サイトです。
ニュース

まったく違う商品が届くトラブル、“代引きへの変更依頼”に注意を|東京都

2022/01/13

東京都は12月27日、消費生活総合サイト「東京くらしWeb」において、「通販サイトで購入したものとまったく違う商品が届いた?!」と題するページを公開し、改めて注意を呼びかけました。

近年、ネットで商品を購入できる「ネットショッピング」(インターネット通販)が人気になっていますが、新型コロナの流行で、これまで以上に利用が盛んになっています。一方で、都内の消費生活センターへのインターネット通販に関する苦情が激増しています。

東京くらしWebによると、「欲しい商品を購入したが、まったく違う商品/違うブランドのものが届いた。通販サイトは対応してくれなかった」といった相談事例が増加しているとのことです。具体的には、発注時には代引き配達以外の決済方法で頼んだのに、代引きへの変更を依頼され、代金と引き換えに受け取った商品が違う商品だったという相談が増加傾向にあります。

一度代金を支払ってしまうと、返金されるケースはほとんどありません。また大手通販サイト(プラットフォーム)に出品している販売会社でも安心はできません。

■対策
こうした悪質ショッピングサイトなどを避けるためには、まず市販のセキュリティ対策ソフト・フィルタリングソフトを必ず導入してください。そのうえで初めて利用するショッピングサイトの場合、「Webサイトに不審な点がないか」「URLや会社をインターネットで調べ、被害の報告がないか」を確認することも重要です。

サイト内に事業者の代表者(運営者)氏名や住所、電話番号が記載されていなかったり、日本語の表現が不自然だったりしたら、詐欺の可能性が疑われます。また購入時の決済方法が、「事前振り込み」と「代引き配達」だけの業者も要注意です。クレジットカード決済や受取後の振り込みなど、消費者にとって安全な方法が選択できる業者やサイトを選びましょう。

URLが不正なものかどうかを確認する手段としては、無償で利用できるトレンドマイクロの「ウイルスバスター チェック!(@trendmicro_vbcheck)」も役立ちます。LINEの友達に追加することで、サイトにアクセスする前にトーク画面でURLの安全性を判定でき、フィッシングサイトなどの不正サイトへのアクセス回避につながります。また、昨今注目されている個人情報漏えい被害への対策として、自身のメールアドレスがネット上に流出しているかどうかを確認することも可能です。自身や家族のセキュリティ対策に役立てましょう。

通信販売でトラブルが起きたり、事業者の対応に不審な点があったりする場合は、「消費者ホットライン」(局番なし188)にて最寄りの消費生活センターを紹介してもらいましょう。また東京暮らしWebでは「悪質事業者通報サイト」を解説しており、さまざまな情報提供を受け付けています。

  • ウイルスバスタークラウド 製品版を30日間無料体験
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
  • 新型コロナウイルスに便乗したネット詐欺などにご注意ください
ウイルスバスタークラウド 製品版を30日間無料体験
トレントマイクロ セキュリティブログ
新型コロナウイルスに便乗したネット詐欺などにご注意ください