is702

Internet Explorerに深刻な脆弱性。緊急の更新プログラムが公開

2010/1/22

 マイクロソフトが提供するブラウザ「Internet Explorer」に深刻な脆弱性(セキュリティホール)が見つかりました。マイクロソフトでは、危険性を最高の「緊急」とし、速やかに更新プログラムの適用するよう呼びかけています。

 この脆弱性は、Internet Explorer 5.01、6、7、8に存在。現在サポートされているInternet Explorerのほぼすべてに影響を受けます。そのままにしておくと、ウイルス感染、情報漏えいなどの被害を受けやすくなります。

 更新プログラムはWindows UpdateまたはマイクロソフトのWebサイトで入手できます。

  • あんしんプラスシリーズ
  • 標的型メール訓練サービス メル訓クラウド
  • IT資産管理・情報漏えい対策ツール LanScope Cat for Cloud
あんしんプラスシリーズ
標的型メール訓練サービス メル訓クラウド
IT資産管理・情報漏えい対策ツール LanScope Cat for Cloud