is702

警察庁、2010年の出会い系サイトなどが関係する犯罪の検挙状況を発表

2011/2/23

警察庁は2月17日、2010年に発生した出会い系サイトなどが関係する事件の検挙状況を発表しました。

発表によると、出会い系サイトが関係する事件の検挙件数は1025件で、前年に比べ178件(14.8%)減少しました。このうち、児童の使用禁止、年齢確認の義務化などを定めた出会い系サイト規制法違反が412件と全体の40.2%を占めました。

一方、SNSやプロフィールサイトなど、出会い系サイトを除くコミュニティサイトの利用により児童が犯罪被害に遭った事犯の検挙件数は1541件と、前年より194件(14.4%)増加しました。犯罪被害に遭った児童は1239人(前年比103人増)で、青少年保護育成条例違反(772人)、児童買春・児童ポルノ法違反(394人)の被害児童が増加しています。

警察庁では、悪質な出会い系サイト事業者の取り締まりを継続するとともに、コミュニティサイトを介した犯罪の増加を受け、緊急対策としてフィルタリングの100%普及、実効性のあるゾーニングの促進、ミニメール内容確認などサイト内監視体制の強化促進を関係機関と連携して推進するとしています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ