is702

ファイル共有ソフトでゲームなどをアップロードした男性、逮捕

2011/5/20

愛知県警は5月17日、ゲームソフトなどを権利者に無断でインターネット上にアップロードし、送信できる状態にしていた名古屋市の会社員男性を著作権法違反の疑いで逮捕しました。
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の発表によると、この男性は「Share」というファイル共有ソフトを通じて入手したゲームソフトや漫画のファイルを、2011年2~3月にかけて同ソフトでアップロードしたとのことです。違法行為は愛知県警のサイバーパトロールによって発見され、逮捕時に押収したパソコンなどを調べたところ、映画やアニメなど多数のファイルをアップロードしていたことも判明しました。男性は5年前から「Winny」という別のファイル共有ソフトも使っていました。
インターネットなどで著作物を権利者に無断で配布することは著作権法で定める公衆送信権の侵害になりますが、ファイル共有ソフトを介した違法行為は後を絶ちません。著作物の適切利用に加え、ウイルス感染や情報漏えいを防止するためにも、ファイル共有ソフトは使わないことが強く求められています。

  • ホスティングサービス(レンタルサーバー) OH!いいな
  • ファイル送信・受信・転送サービス センドファイル
  • 電話番号表示システム アイポップ
ホスティングサービス(レンタルサーバー) OH!いいな
ファイル送信・受信・転送サービス センドファイル
電話番号表示システム アイポップ