is702
is702はトレンドマイクロが提供するインターネットを
安全に楽しむためのセキュリティ情報サイトです。
is702はトレンドマイクロが提供するインターネットを安全に楽しむためのセキュリティ情報サイトです。

「is702パートナープログラム」新規お申込み受付は終了いたしました。

2006/09/22

インターネット利用のルール、守っていますか? 2006-2007年版インターネットのルール「ネチケット2.0」
コミュニケーション手段の変化に伴い、事件が起こることも
1990年代には考えられなかったような、インターネット関連の事件や犯罪が、現実に起こっています。それは、無視や無知で現在の『ネチケット』が守られていないことが原因である場合も少なくありません。
実際の事例に見る犯罪・事件
事例:掲示板
掲示板に書かれた中傷の言葉が殺人に発展?
2004年6月に発生した「長崎小6女児同級生殺害事件」では、インターネット上の掲示板などに身体的特徴を中傷する内容が書き込まれたことが殺人の動機につながったともいわれています。
特定個人・企業の誹謗中傷で、掲示板の管理者に損害賠償責任
国内最大級の掲示板サイトで、ある獣医師が経営する動物病院・個人を誹謗中傷する書き込みを匿名の第三者が行いました。獣医師は、掲示板の管理者に管理責任義務があるとして、損害賠償を請求し裁判で認められました。
事例:ブログやSNS
特定URLのクリックで勝手に日記が作成。乗じてデマも発生
国内最大規模のSNSで、あるURLをクリックすると「ぼくはまちちゃん!」というタイトルの日記が作成される現象が起こりました。すぐに対応が取られましたが、SNSユーザ間では、「ウイルス感染する」「個人情報が漏えいする」などさまざまな“デマ”が出回り、さらにはチェーンメール化するなどして混乱を招きました。
タレントの写真を勝手に載せると賠償責任?
自分のブログやWebサイトなどに、好きな芸能人の写真やアニメキャラクターなどを無断で掲載すると、肖像権や著作権侵害とみなされる場合もあります。芸能プロダクションの中には「許諾なしに所属タレントの画像を掲載することを一切禁止する」と、声高に謳うケースも増えています。実際に、画像の削除を命じられる個人ブログも出てきています。
事例:個人のセキュリティ対策
他人のネットバンキングIDを入手し、不正アクセスで逮捕
ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じて感染するウイルス(例:ANTINNY:アンティニーなど)に侵されたパソコンから、インターネットバンキングID・パスワードなどが流出。それらの情報を不正に取得して、他人の銀行口座にアクセスしたとして、逮捕者が出ました。
個人情報流出で不審な電話も
ある中学校教諭の私物パソコンから、ファイル交換ソフトWinny(ウィニー)を介して生徒の名簿がインターネット上に流出。流出した名簿に記載されていたとみられる生徒の実家に不審な電話があったとされています。
前へ:
何が変わった?
インターネットの今・昔
次へ:
『ネチケット2.0』を守って、
円滑なコミュニケーションを

※この記事は制作時の情報をもとに作成しています。

  • 働く大人なら最低限知っておきたいネットセキュリティの基本
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
  • 新型コロナウイルスに便乗したネット詐欺などにご注意ください
働く大人なら最低限知っておきたいネットセキュリティの基本
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ
新型コロナウイルスに便乗したネット詐欺などにご注意ください